03:20 2017年09月27日
東京+ 23°C
モスクワ+ 11°C
    ラヴロフ外相

    外部からの干渉は、テロの脅威に対抗する中東諸国の力を大きく損ねたーラヴロフ外相

    © Sputnik/
    政治
    短縮 URL
    0 348180

    ロシアのラヴロフ外相は、テレビ「ロシア1」用に制作されたウラジーミル・ソロヴィヨフ氏のドキュメンタリー作品「世界秩序」に寄せたインタビューで、中東諸国の内政問題に対する外部からの干渉は、これらの国々がテロの脅威に対抗する力を大きく損ねたとの見解を表した。

    ヴロフ外相は、次のように語った-

    「政治改革を促進することは重要だ。しかし、それは政権打倒というアラブの春の際に行われたように促進するべきではない。その後は自然と上手くいき、民主主義は自ら成立するものだ。外部干渉によって痛いところを刺激され、国家体制が大きく弱体化され、まさにそれによってテロの脅威に対抗するための能力も損なわれた地域のこれらの国々を支援する必要がある」。

    またラフロヴ外相は、「テロリストたちにいくつのも国の政権が掌握されたり、テロリストらに何らかの寛大な態度を示すことを許さず、地域の国々の今後や、世界の全ての偉大な宗教の発祥地として中東を保存するために、地域の国々の世俗的性格を維持することを考えることが重要だ」と述べた。

    タグ
    セルゲイ・ラブロフ, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント