21:35 2017年10月20日
東京+ 16°C
モスクワ+ 6°C
    オバマ大統領 対ロシア制裁についてメルケル首相の立場に同意

    オバマ大統領 対ロシア制裁についてメルケル首相の立場に同意

    © REUTERS/ Karl-Josef Hildenbrand
    政治
    短縮 URL
    0 872614

    オバマ米大統領はドイツのメルケル首相との会談を総括した記者会見で、ウクライナ東部の危機が政治的な方法で解決された場合にのみ、対ロシア制裁を解除する可能性があるとするメルケル首相の立場に同意した。ロイター通信が報じた。

    オバマ大統領は、次のように述べたー

    「ロシアがミンスク合意に関する自国の義務をすべて履行するならば、ロシアに対する制裁は解除される可能性があり、解除されるべきである。」

    メルケル首相は、オバマ大統領と、ミンスク合意履行に関する「必要不可欠な今後の行動」について話し合ったことを強調した。

    2015年2月、ベラルーシの首都ミンスクで、ロシア、フランス、ドイツの保証の下、ドンバス(ウクライナ東部・南部)の義勇軍とウクライナ間で紛争解決に関する合意が締結されたが、未だにその項目の一部は履行されていない。

    タグ
    制裁, 対露制裁, アンゲラ・メルケル, バラク・オバマ, ドイツ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント