10:18 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    米国人政治家:米国はシリアに武器を供給するためにカダフィ大佐を打倒した

    米国人政治家:米国はシリアに武器を供給するためにカダフィ大佐を打倒した

    © Sputnik/ Andrey Stenin
    政治
    短縮 URL
    41068516

    米国は2001年にはすでにシリア政府の打倒のために準備し始め、作戦の詳細は2006年までに策定された。 RTが伝えた。

    「米国は2001年に初めてシリア政府転覆を考えた。社会不安を起こしてクーデターを実現する詳細な計画は2006年までに策定された。2011年には、我々は武器を押収してトルコを介してシリアに送るために、リビア政府を打倒した。その後、我々はシリアでの戦争に進んだ」と米バージニア州選出上院議員。

    同氏によると、紛争における大抵のことはCIA、英国MI6およびフランス諜報機関の活動の結果だ。 「重要な役割を演じたのがサウジアラビア、トルコ、カタールだ。アサド政権を転覆するためにシリアのイメージ失墜が決定された」という。

    タグ
    シリア, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    • avatar
      catss4
      このようなことも すべてのマスコミ、メディアが逆に伝えるのに
      日本であってさえ 事実を伝える人がいます
      もちろん テレビも新聞も見ませんが
    • unimaro unimaro
      GJ!
      良い記事。
      このような資料を集め、ノンフィクション映画を作ってほしい。
      勿論裏付けや証拠など二次三次や状況証拠などだけでOK。論理的整合性がどの面から見てもあればOK。つか、ウリがOK出せば絶対OK♪
    • avatar
      junobejp
      武器だけじゃなく、143.8トンの金塊も奪ったぢゃん!!!
      ▼アメリカがリビアを攻撃した理由は保有する金143トンと石油利権だったことを暗示するヒラリー・クリントン宛ての電子メールが公表されている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201601100000
      ▼ダーイシュが破壊と殺戮を続けているリビアを欧米が破壊した理由のひとつの金をヒラリーも注目…ブルメンソールが2011年4月2日にヒラリーへ送ったメールにも143トンの金について書かれている。相当量の銀も保有、総評価額は70億ドル以上だとされている。カダフィはアフリカを自立させるために金貨ディナールをアフリカの基軸通貨にしようとしていたが、そのための金や銀だ。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201603140001
      ▼リビア空爆では2000億ドル、ネオナチによるウクライナ クーデターでは金33トンを強奪する悪人達…リビア爆撃の時は、カダフィの2000億ドルの口座(アフリカ人によるアフリカ人のための通貨制度への準備のため)が凍結されました。
      velvetmorning.asablo.jp/blog/2014/03/24/7252911
      ▼リビアを侵略した際、NATO軍が手を組んだLIFGはアルカイダ系武装集団。この侵略戦争でアメリカを含む西側、ペルシャ湾岸産油国、イスラエルがアルカイダ系武装集団を手先として使っていることが明らかになった。カダフィ惨殺を知らされたヒラリー・クリントン国務長官は「来た、見た、死んだ」と口にしている。その半年前、ロシアのプーチンは「誰がNATOにカダフィを殺す権利を与えたのだ」と侵略勢力を激しく批判したが、それを無視して殺害、クリントンはそれを喜んだわけである。カダフィ体制の崩壊でリビアは無政府状態になり、軍の倉庫から武器が持ち出されてトルコへ運ばれている。輸送の拠点になったのはベンガジにあったCIA施設で、そうした事実をアメリカ国務省は黙認していた。輸送にはマークを消したNATOの輸送機が使われた。運び出された武器の中に化学兵器も含まれていた。これをシリアで使い、政府軍に責任をなすりつけてNATO軍が直接、介入する口実に使用としたと言われている。
      plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605010000
      ▼1992年初頭に国防総省のDPG草案という形で作成された世界制覇プロジェクト「ウォルフォウィッツ・ドクトリン」によると、アメリカは「唯一の超大国」として君臨して世界を支配するため、旧ソ連圏だけでなく、西ヨーロッパ、東アジアなどの潜在的なライバルを潰し、膨大な資源を抱える西南アジアを支配しようとしている。ドクトリンが作成される前年、国防次官だったポール・ウォルフォウィッツは5年以内にイラク、イラン、シリアを殲滅すると口にしていた。plaza.rakuten.co.jp/condor33/diary/201605010000
    • avatar
      blue-dragon
      アメ公がまたアサド大統領を脅しているそうだ。

      本当にしつこい!この悪魔は!!

      つーか、シリアの中央銀行がBISでないのでむりやりいれさせようとしているということ。
      NWOのために・・・。

      がんばれアサド!


      【アメリカのケリー国務長官はシリアのアサド大統領に8月1日までに権力を移譲するよう脅しているそうです。】

      tapnewswire.com/2016/05/the-us-just-told-assad-he-needs-to-start-giving-up-power-in-syria-by-august-

      blog.livedoor.jp/wisdomkeeper/archives/51985380.html
    新しいコメントを読む (0)