19:37 2017年08月18日
東京+ 27°C
モスクワ+ 26°C
    米国のジェイムス・クラッパー国家情報長官

    米国家安全保障局長官 スノーデン氏の暴露は終わっていない

    © AP Photo/ J. Scott Applewhite
    政治
    短縮 URL
    21874433

    元米情報機関の職員エドワード・スノーデン氏の活動は、米情報機関に大きな損害を与えた。クラッパー米国家安全保障局長官が、10日夜に掲載されたワシントン・ポスト紙のインタビューで語った。

    クラッパー長官は、米国は未だにその規模を正確に把握することができないと伝えた。

    クラッパー長官によると、スノーデン氏の暴露は、テロ組織を「非常に用心深く」させ、テロ組織の電子暗号化システムへの移行を促進したという。

    クラッパー氏はまた、暴露が終わっていないことを指摘し、「さらにたくさんの文書が条件付で保管されおり、彼(スノーデン氏)が望んだ時に公開されると推測される」と指摘した。

    タグ
    エドワード・スノーデン, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント