10:21 2017年03月29日
東京+ 9°C
モスクワ-1°C
    トルコのエルドアン大統領の報道官を務めるイブラギム・カルィン氏

    トルコ 撃墜したロシア空軍機のパイロットの家族に対する賠償検討の用意

    © AP Photo/ Plinio Lepri
    政治
    短縮 URL
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    242834

    トルコのエルドアン大統領の報道官を務めるイブラギム・カルィン氏は、今日、記者団に対し「(トルコ空軍機が撃墜した)スホイ24型機のパイロット、オレグ・ペシコフ氏に関する賠償問題は、彼の親族から然るべき求めがあれば、検討されるだろう」と述べた。

    この発言は、テレビNTVが生中継で伝えた。

    カルィン大統領報道官は、次のように述べたー

    「我々は、エルドアン大統領の書簡の中に書かれているように、亡くなられたパイロットの御家族の心の痛みを少しでも軽くするために、必要な措置を講ずる用意がある。もし御遺族から、然るべき求めがあれば、我々はもちろん、人間的見地から、それを検討するだろう。しかし今のところ、そうしたものは届いていない。」

    トピック
    トルコ国境付近でロシアのSu24が墜落 (116)
    タグ
    ロシア, トルコ
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント

    全てのコメント

    新しいコメントを読む (0)