15:55 2018年08月15日
フランス議員代表団フランス議員代表団

フランスの政治家ら、クリミア訪問の真意を明かす

© Sputnik / Alexandr Polegenko © Sputnik / Alexandr Polegenko
1 / 2
政治
短縮 URL
0 331

ウクライナ外務省の警告を無視して29日にクリミア入りしたフランス議員代表団は出発前に記者団に訪問の真意および半島合併にちなむアンチ・ロシア制裁をめぐるヒステリーについて語った。

「クリミアは何世紀にもわたってロシアの一部であり、制裁は状況を変えることができると考えるのは無意味だ。問題はすでに解決されている。住民投票が行われ、クリミアの人々は自分の意見を表明した。クリミアが何であるかに対して制裁を課す理由はない」と フランス国会外務委員会のメンバー、ジャック・ミイヤル氏。

「我々のクリミア訪問は二度目だ。主な目的は現地の現実を確認してくること。多くの人がクリミアの状況についてコメントしているが、彼らはそこに行ったことがない。常に自分自身の意見を持つことが大事だ。まず、半島の状況を見てみたい。そして第二に、ポクロンスカヤ検事や宗教当局といくつかの新しい会談をもち、住民たちを感じる予定だ」とフランス代表団長、ティエリ・マリアーニ氏。

関連:

憲法裁判所、クリミア市民をロシア人と認定することの合法性を検討
タグ
クリミア, フランス, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント