18:21 2018年11月15日
ロシア極東発展相

露日関係の新たなベクトル:総額130億ドル相当の協定とプーチン大統領の訪日

© Sputnik / Iliya Pitalev
政治
短縮 URL
4141

ロシアと日本はウラジオストクで開かれた第2回東方経済フォーラムで総額130億ドル超に相当する約20件の協定に署名した。ロシアのガルシカ極東発展相が7日、日本の世耕経済産業相との会談を前に明らかにした。

ガルシカ氏は現在日本を訪問中。同訪問は最近閉幕した第2回東方経済フォーラムの「続き」となった。

世耕経済産業相は、プーチン大統領の訪日を待っているとし、今は特に経済分野などでの関係発展にとって非常に重要な時期だと述べた。

またガルシカ極東発展相は訪問中に、ロシアNIS貿易会(ROTOBO)の会長で川崎重工業取締役会長の村山滋氏、国際協力銀行(JBIC)の指導部と会談する。

関連:

ROTOBO、ロシアにおけるプロジェクトを討議するためのプラットフォームの創設を提案
世耕経済産業相、ロシアとの経済協力を加速化へ
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント