22:42 2017年08月20日
東京+ 26°C
モスクワ+ 31°C
    オバマ大統領

    イスラエル紙:オバマ大統領は紛争のない世界を約束したが、自分の後にカオスを残した

    © AFP 2017/ Georges Gobet
    政治
    短縮 URL
    253154

    イスラエルの新聞The Jerusalem Postは、米国のオバマ大統領は、その任期の初めに、紛争なき世界という考えを提起したが、米政府の中東・北アフリカ政策の失敗によぅてカオスが支配することになった、と指摘した。

    新聞に掲載された論文の中では、次のように述べられている-

    「『アラブの春』の無秩序、テロリズム、大量殺人に対する責任は、多くの点で米国にある。  特にチュニジア、エジプト、リビアにおいて、オバマ行政府は、抗議行動の結果を予測できず、シリアでは、前代未聞の大失敗を犯してしまった。 テロ組織が、アイルランドサイズの領土を持ち、20億ドルもの予算を有する完全に機能する国家に変わるなどという例は、これまで歴史上なかった。」

    またThe Jerusalem Postは、さらに次のように指摘した-

    「米国に必要なのは、世界においてこの国が占める役割を理解している大統領だ。共和党は、まだ中東問題を解決する力があるが、民主党のリーダー達の方は、同性婚あるいはサービス領域の問題に忙しい。

    オバマ氏には、その任期の初めにノーベル平和賞が授与され、彼は紛争なき世界という考え方を推し進めると約束したが、その座を去ろうとしている今、残ったのは4つの戦争、第2次世界大戦以来という前代未聞のカオスという遺産でしかない。」

    前に伝えられたところによると、米中の軍事紛争は十分ありうる、タイムズ紙が掲載した

    関連:

    オバマ大統領、9.11の件でサウジ起訴に拒否権発動か
    オバマ大統領は核実験を行なった北朝鮮に深刻な影響を警告
    フィリピン大統領、オバマ氏侮辱を謝罪
    オバマ大統領 プーチン大統領との会談の詳細を明かす
    タグ
    バラク・オバマ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント