12:16 2019年10月19日
シリア議会:諜報には空爆前の米軍とダーイシュとの会話記録ある

シリア議会:諜報には空爆前の米軍とダーイシュとの会話記録ある

© REUTERS / Ari Jalal
政治
短縮 URL
3520
でフォローする

シリア人民議会議長ハディーヤ・アッバース女史はテヘラン訪問中に、シリア諜報機関には、デリゾールのシリア軍部隊に対する国際的な連合による空爆前に交わされた、テロ組織ダーイシュ(イスラム国、IS)の戦闘員たちと米軍の会話記録があると発言した。テレビ局「Al Mayadeen」が報じた。

露米のシリアにおける目標は正反対―専門家
© Sputnik / Mikhail Voskresenskiy
アッバース人民議会長は、米軍が政府軍に対する空爆後すぐに、ダーイシュ戦闘員をシリア軍の基地攻撃のため向かわせたと付け加えた。

9月17日、西側諸国連合の戦闘機が、シリア軍部隊に爆撃を加えた。シリア政府軍はデリゾールの地区にある基地を放棄せざるを得なくなった。攻撃の結果、62人以上の兵士が死亡し、100人程度が負傷した。後になって、空爆は間違って行われたとの声明を出した。

関連:

露外務省 英国によるシリアに関するロシアへの非難に答える
ロシアのヘリコプター、シリア海岸上を超低空で飛ぶ(動画)
タグ
シリア, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント