20:09 2018年06月22日
岸田外相

日本の外相 2島先行返還の可能性に関する外務副大臣の発言に反論せず

© AFP 2018 / TOSHIFUMI KITAMURA
政治
短縮 URL
0 57

日本の岸田文雄外相は、岸信夫外務副大臣がロシアとの領土問題について歯舞と色丹の先行返還も排除せずに交渉を進めていく考えを示したとの報道について、岸氏の発言に反論しなかった。

岸副大臣は日本テレビの単独インタビューで、歯舞と色丹の2島引き渡しを先に進めていくことも選択肢の一つか?との問いに、「できるだけ広いオプションの中で解決策を見いだしていく」などと述べた。

岸田外相は11日の記者会見で、岸副大臣の発言についてコメントを求められ、「(日露間で)立場の隔たりがある中での交渉で、幅広いオプションを議論していく」と述べた。

また岸田外相は、「わが国の基本的な方針は変わっていない」と再び指摘し、4島と平和条締結の問題を解決する必要性についての日本の基本的な方針に変わりはないと付け加えた。

関連:

「領土問題、日本側はわざと硬軟さまざまな立場を示してロシア側の反応を見ている」10月3日から10月9日まで
プーチン大統領:ロシアは日本への天然ガス輸出を活発に拡大する意向
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント