08:06 2018年09月21日
ラヴロフ外相

ラヴロフ外相、EU理事会に対露関係を改善する気はない

© Sputnik / Vladimir Astapkovich
政治
短縮 URL
252

ラヴロフ外相はEUサミットの結果について、EUは対露関係でのプラグマティックな路線を依然として構築する構えにないことを示したとの見方を示した。

対露制裁、5カ国が延長へ
© Sputnik / Vladimir Sergeev
「1週間前、EU理事会の会議で出された戦略的対露関係の概観は、EUが依然としてグラグマティックで自らの国益に合致し、我々の国に適用できるような路線を構築する構えにないことを示した。」ラヴロフ外相は欧州ビジネス協会との会合の席でこう語った。

先週行なわれたEUサミットではシリアを理由とした新たな対露制裁を発動する決定は採られなかったものの、メルケル独首相、オランド仏大統領、欧州理事会のトゥスク議長といった個々の指導者からは制裁はまだ議題からはずされていない姿勢が示された。

先に、ロシアは米国の対露制裁に対抗して「非対称的」な報復を準備していることを明らかにしている。

関連:

独外相、シリア理由の対露制裁導入に反対
プーチン大統領、対西報復制裁廃止の可能性について:誰がするか!
タグ
欧州連合, セルゲイ・ラブロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント