00:17 2018年06月26日
ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官

ロシア政府、国連人権理事会からロシア除外の呼びかけに返答

© Sputnik / Grigoriy Sisoev
政治
短縮 URL
3200

国連人権理事会からロシアを除外するよう呼びかけた人権擁護団体の活動は、もしも彼らの活動が、シリアでのテロリストの活動を非難する際にも一貫しており、徹底していたならば、より説得力があっただろう。ロシアのドミトリー・ペスコフ大統領報道官が発言した。

これに先立ち英インデペンデント紙は、80以上の機関が、シリアでのロシアの行動を理由に、同国を国連人権理事会から除外するよう求めたと報じた。

ペスコフ報道官は、ロシア政府が同国を理事会から除外するようにとの呼びかけにどう接するかとの質問に答え、次のように述べた。

「正直に言うと、もしこれらの機関が、シリアで数年間テロリストの戦闘員が行っているあの残虐行為を背景により活発に振舞っていたのならば、我われをもっと感銘させただろう」

関連:

国連事務総長、何が北朝鮮の決議違反を助長しているかを明かす
国連人権理事会 アレッポに関する決議採択
タグ
国連, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント