18:01 2019年11月19日
クリルペスコフ大統領府報道官

クレムリン クリルへのミサイル複合体配備についてコメント

© Flickr/ Peter © Sputnik / Alexey Kudenko
1 / 2
政治
短縮 URL
9235
でフォローする

クリル諸島へのミサイル複合体の配備は、ロシア大統領の訪日準備によって現在見られている日本との関係における「求心的傾向」に影響しない。ロシアのペスコフ大統領報道官が記者団に発表した。

ペスコフ報道官は、日本との交渉を考慮した場合、ミサイル複合体の配備は時宜にかなっていたかとの質問に対し、「その質問は、国防省の我々の同僚に投げかけることをお勧めする。もちろん、そこには独自の根拠がある」と答えた。

11月22日、ロシアの沿岸用ミサイル複合体「バル」と「バスチオン」が、クリル諸島に配備されたことが明らかとなった。

関連:

ロシアは日本のMDシステムを懸念している
日本企業がクリルに関心を向けた?
タグ
露日関係, クリル諸島
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント