03:37 2020年02月24日
政治
短縮 URL
0 170
でフォローする

クリル岩礁の島々をめぐる露日間の領土紛争の解決のための第一の条件は平和条約締結である。岸田外相との会談後、ラヴロフ外相が述べた。

「プーチン大統領はたびたび、ソ連の後継国たるロシアは同条約(1956年の日ソ共同宣言)に忠実である、と確認してきた」とラヴロフ外相。

「当然、もし1956年の宣言の実施という段階に至れば、そこに記載されている手順がどのような形で実施されるかについて、多くのディテールについて合意することになる」

「宣言に記載されている順序によれば第一に行われるべきは平和条約の締結であり、そのことは不変である」とラヴロフ外相。

関連:

ロシアと日本には平和条約問題について一致点があるが、原則的な立場の接近は簡単ではない―ラヴロフ外相
ラヴロフ外相「ロシア政府はプーチン訪日が二国間関係発展の刺激となるよう期待」
タグ
露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント