10:20 2019年08月24日
プーチン大統領

1極世界をつくろうとする試みは失敗し、世界ではバランスが回復されつつある―プーチン大統領

© Sputnik / Alexei Druzhinin
政治
短縮 URL
5793

世界に1極秩序をつくろうとする試みは失敗し、国際舞台ではバランスが回復されつつある。ロシアのプーチン大統領が、ロシアのテレビ局のインタビューで述べた。

プーチン大統領は、これまで国際舞台の重要なプレーヤーたちは国際法の規則に従うのではなく、自分たちの地政学的利益に立脚する方を好んでいたと語った。

プーチン大統領は、だが「状況は変化している。私が思うに、すでに誰にとっても秘密ではなく、全ての人が目にしているが、すでに我々の多くのパートナーが、自ら国際法の原則に従う方を選んでいる。なぜなら世界のバランスが徐々に回復してきているからだ」と語り、「この1極世界をつくる試みは定着しなかった」との確信を表した。

またプーチン大統領は、「我々はすでに別の次元に住んでいる」との考えを示し、「だが我々は、私が述べているのはロシアのことだが、常に自分たちの国益を守るという立場を堅持してきた。我々は、他国の利益も尊重しなければならない。我々はこのようにして他の我々の仕事仲間との関係を築こうとしている」と述べた。

先にロシアのプーチン大統領は、ドナルド・トランプ氏の大統領就任後、露米関係が正常化されることに期待を表した。

関連:

ラヴロフ外相―ロシアと日本の関係発展は利害のバランスに基づくべき
ラヴロフ外相、日本との領土紛争の解決のための第一の条件は「平和条約」
ロシアは敵を探してなどいない、ロシアに必要なのは国際安全保障をめぐる戦いにおける同盟者だ―イタリアの政治学者
タグ
ウラジーミル・プーチン, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント