04:10 2021年05月17日
政治
短縮 URL
109
でフォローする

英国のキャメロン前首相は、NATO事務総長の有力候補の一人と考えられている。デイリー・メール紙が、匿名の消息筋の話として報じた。

NATO消息筋によると、英国は米国に続いて「軍事面で最大かつ最も重要な国である」ため、NATOで確固とした地位を占めている。

キャメロン氏と近い関係にある役人らは、英国はキャメロン氏の政界復帰によって得をするだけだと述べた。また役人らは、キャメロン氏はそのような可能性を検討する用意があると指摘した。

なおデイリー・メール紙によると、現NATO事務総長のストルテンベルク氏が同ポストから去るのは、2018年あるいは2019年だという。

関連:

ロシアとNATOの対話発展:2017年の予定
米国のNATO大使はロシアの攻撃性を信じてはいない
タグ
NATO, デーヴィッド・キャメロン
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント