14:50 2017年09月23日
東京+ 21°C
モスクワ+ 4°C
    米国、キューバ移民に対する政策を変更

    米国、キューバ移民に対する政策を変更

    © REUTERS/ Enrique de la Osa
    政治
    短縮 URL
    0 51224

    米政権はビザを取得せずに米国内に居住するキューバ人に対して滞在許可書を発行する政策を廃止した。オバマ大統領がこうした声明を表した。

    米国土安全保障省が廃止した政策は「ウェット・フット(濡れた足)」「ドライ・フット(乾いた足)」と呼ばれるもので20年以上前に出された。海上から米国本土に上陸した場合には滞在許可はおりるが、海上で拘束された場合は強制送還される。廃止の決定は直ちに発効したため、米国に違法入国を試み、人道支援が受けられないキューバ市民は米国の法律によって国外退去を迫られる。

    オバマ大統領は、キューバからの不法移民に対しては他国の移民と同様の扱いとなると指摘している。

    関連:

    キューバと米国 50年ぶりに輸出合意を締結
    キューバとベトナムにおけるロシア基地復活の可能性に関する話し合いは行われている―政治家
    タグ
    キューバ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント