23:04 2017年09月21日
東京+ 22°C
モスクワ+ 15°C
    トランプ氏、難民に関する新たな大統領令署名を検討

    トランプ氏、難民に関する新たな大統領令署名を検討

    © REUTERS/ Carlos Barria
    政治
    短縮 URL
    142793

    トランプ大統領は10日、米フロリダに向かうエアフォースワン機内で記者団に対し、移民政策厳格化に関する「全く新しい」大統領令の署名を検討していると発表した。

    トランプ大統領は「われわれには全く新しい大統領令署名を含め、他の選択肢がたくさんある」とした上で、「セキュリティ上の問題から、われわれにはスピードが必要だ。そうなればとてもいいだろう。」と述べた。

    新たな大統領にはどのような改訂がなされる可能性があるかを尋ねられ、トランプ大統領は、「新たな安全保障対策。非常に、非常に強力な検査が行われる。 私ならそれを極度の検査と呼ぶ」と説明した。

    トランプ大統領はまた、新たな大統領令の元のものとの違いは「ほんの僅か」であることを望む考えを示し、「月曜日か火曜日」に活動し始めることを約束した上で、「私はあなた達を驚かしますよ」と締めくくった。

    先に伝えられたところによると、27日、トランプ大統領は、米国への難民受け入れを120日間停止し、いくつかの入国規則を強め、イラク、イラン、シリア、スーダン、イエメン、リビア、ソマリアからの米国入国を90日間停止する大統領令に署名した。

    タグ
    移民, ドナルド・トランプ, 米国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント