10:27 2017年09月24日
東京+ 23°C
モスクワ+ 5°C
    欧州議会

    オーストリア紙:欧州の幾つかの国々の利己的な野望がEUを葬るかもしれない

    © AP Photo/ Virginia Mayo
    政治
    短縮 URL
    247797

    オーストリアの新聞Die Presseは、掲載した論文の中で「EUは、抜本的な機構改革を必要としている。なぜなら欧州の統一は、勢力を増しつつある右派ポピュリストらの運動に、そして若干のEU加盟諸国の野望に脅かされているからだ」と指摘した。

    論文の中では、次のように述べられている-

    「EUを魚に例えるなら、よく知られたことわざのように頭から腐りつつあるのではない。欧州の若干の国々の首都から腐り始めているのだ。EUの統一は、特にハンガリーやポーランドのせいで脅威にさらされている。

    もしハンガリーのオルバン首相が、自分の国はEUの側からの攻撃にさらされていると主張するとすれば、ポーランドは分かったうえで絶えず、EU指導部の批判を無視している。つまり彼らは、欧州統合という思想の真の意味での墓堀人なのである。欧州では、民族主義的な狭量さが拡大しており、ますます多くの国々が、自分達にとって経済的にも国内政治的観点からも利益のある事のみに心砕くようになっている。」

    なお先にドイツのフランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング(FAZ)紙にフランス、オランダが今年迎える選挙の結果如何でEUの運命は大きく左右されるという評論が掲載された。

    タグ
    EU
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント