18:58 2021年10月16日
政治
短縮 URL
5404
でフォローする

全米反戦連合(UNAC)は、シリア空軍基地への米国のミサイル攻撃は、この地域の紛争を「破滅的にエスカレートさせ、核戦争を引き起こす」恐れがあると警告した。リア-ノーヴォスチ通信が伝えた。

スプートニク日本

同組織の声明の中では、次のように述べられている-

「トランプ大統領と『まず爆撃し、その後で問題提起せよ!』と考えるすでに超党派的存在の集団は、この地域の緊張がエスカレートし、核戦争の脅威を作り出しうることを煽っている。

トランプ大統領も、また米国政府のどんな機関も、シリアのアサド政権が、同国イドリブ県でのダーイシュ(IS)、アル=ヌスラ戦線及び他の蜂起グループへの爆撃の際、神経ガス・サリンを使用したとの確たる証拠を示さなかった。

米国の最近の行動は、シリアと中東における新たな帝国主義戦争の始りとなる可能性がある。」

また全米反戦連合(UNAC)は、米国の主要マスコミの報道ぶりについて、次のように批判している-

「商業マスコミは、遠くで一斉に戦争の太鼓を打ち鳴らし、その後、爆撃を称賛している。その際彼らは、トランプ氏の凶悪な行動を彼らが反射的に支持する何らかの事実について調査しようともせず、そうした要求もしてない。その代わりマスメディアは、負傷者や苦しんでいる子供達の悲劇的写真を積極的に公開し始め、そこに、この責任はシリア政府にあるとの根拠のない主張を加えている。」

先の報道によると、スプートニクはシリアでの紛争が起きてから初めて、独占写真を公開する

タグ
シリア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント