09:41 2021年01月28日
政治
短縮 URL
0 111
でフォローする

朝鮮民主主義人民共和国問題を話し合う六カ国協議の再開および、シリアと同様、それに取り組む特別大使の任命の必要性をロシア上院(連邦会議)国防安全保障委員会のヴィクトル・オゼロフ委員長が呼びかけた。

スプートニク日本

「シリア問題に関してはミストゥーラ特別顧問がいるではないか。北朝鮮に関しても北朝鮮、米中露間での主軸外交を開始する特別代表の任命がおそらく必要だ。」オゼロフ委員長はロシアのマスコミからのインタビューにこう語り、「そのためにはもちろん北朝鮮側に構えがなくてはならないが、国連安保理の決議が出て、そうした人物が決められた場合はこの状況でせめてなんらかのアプローチが始まるだろう」との見方を示した。

先の報道によると、対露制裁を敷いた各国の金銭的損失は、ロシアの損失の2倍以上

タグ
北朝鮮, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント