08:13 2018年01月20日
東京+ 5°C
モスクワ-9°C
    Brexit後、在英EU人は「第三国からの移民」になる可能性

    Brexit後、在英EU人は「第三国からの移民」になる可能性

    © REUTERS/ Jon Nazca
    政治
    短縮 URL
    0 24

    英国のEU離脱(Brexit)後、同国にいるEU加盟国の国籍を持つ人の扱いについて英国政府が発表し、欧州議会の中道右派、社会党、リベラル、急進左派、緑の党の会派の代表が憤慨を示した。

    スプートニク日本

    同議会議員の共同声明には、「英国政府は、Brexitの1日後に欧州人が『第三国からの移民』というステータスを受けるよう提案している。彼らはEUにおける英国人よりも少ない権利を有することになる」とある。「Belga」が報じた。

    欧州議会によると、英国政府の提案は「第二市民権」発生のリスクを生むほか、Brexitが英国にいるEU市民の立場に悪影響を及ぼさないとする当初の英国政府の発表との矛盾になる。

    先の報道によると、英国会のコンピューターネットワークがサイバー攻撃を受けた問題で、ロシア当局が疑われている。

    タグ
    EU, 英国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント