21:20 2020年11月27日
政治
短縮 URL
2140
でフォローする

ラブロフ外相はオーストリアで開催の欧州安全保障協力機構(OSCE)の外相会議で記者団を叱責した。RTが報じた。

スプートニク日本

会談冒頭でラブロフ外相は、記者団が机に向かっている人に注意を向けずに、机周りに群がったことに憤慨。次のように述べた。

「空気をください。机の周りでは人が座っているのに、あなた方は背中を向けている。あまり礼儀正しいものではない。」

記者団のある女性は叱責を気にせず、机に寄りかかり、向かい側にいるラブロフ外相に質問しようとマイクを上げた。

ラブロフ外相は「全く礼儀正しいことではない。誰がそのように教えたのでしょう?ご両親ですか?先生ですか?議長が話しはじめたとき、他の場所に離れたほうがいいとは教えられませんでしたか?」と尋ねた。

先の報道によると、ロシアのラヴロフ外相は、ティラーソン米国務長官との会談前、米国の記者団にマナーを指摘した

タグ
OSCE, セルゲイ・ラブロフ, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント