22:48 2017年11月21日
東京+ 7°C
モスクワ+ 0°C
    政治

    日本与野党議員団、訪露 露日共同経済協力を巡り会談

    政治
    短縮 URL
    123530

    NHKが報じたところによると、日本の参議院の与野党で作成する議員団は訪露中で17日、ロシア連邦議会上院のワレンティーナ・マトヴィエンコ議長と会談した。話題になったのは、8項目の露日共同経済協力計画。

    スプートニク日本

    自民党の松山議員の団長と与野党の5人で作成する日本の議員団は長い間に初めてロシアを訪問し、マトヴィエンコ議長と約1時間にわたって会談した。

    マトヴィエンコ議長は、8項目の経済協力計画が平和条約締結問題の解決に向けては重要だと指摘し、改めて具体化を求めた。

    また、マトヴィエンコ議長は参議議員の伊達 忠一氏にロシアを訪問する招待を伝えた。

    両側は最近、露日関係が活動化になったと主張した。7月7日、イーゴリ・シュヴァロフ露第1副首相は来日し、露日関係は「非常に興味深い時代を迎えている」と語った。

    6日と7日、ハンブルグでのG20サミットのフィールドでプーチン大統領と安倍首相の会談した。6日、ユーリー・トゥルトネフ副首相は南クリル諸島(日本の言うところの北方四島)に先進発展領域(TOR)を創設する決定が下されたことを明らかにした。

     

    タグ
    露日関係, 日本, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント