14:34 2018年01月24日
東京+ 7°C
モスクワ-9°C
    韓国軍

    韓国は「巨大ミサイル」の製造に取り組んでいる

    © AP Photo/ Ahn Young-joon
    政治
    短縮 URL
    0 34

    韓国は、北朝鮮の地下軍事施設や指令拠点を破壊する能力を持つ弾頭を運搬できる「巨大な」弾道ミサイルを製造しようとしている。ザ・コリア・ヘラルド紙が、軍事筋の情報として報じた。

    スプートニク日本

    新たな弾道ミサイルは、「地対地」型となり、北朝鮮領土まで最大2トンの弾頭を運搬できるという。

    ザ・コリア・ヘラルド紙によると、韓国は北朝鮮領土に到達するには十分な最大飛距離800キロの弾道ミサイルを製造する権利を有している。

    一方で同紙は、韓国には500キロ以上の弾頭の使用が禁止されているため、ミサイルの有効性は疑問視されると指摘している。

    先の報道によると、韓国外交部は米国と韓国が新たな「北朝鮮軍事抑止強化のための戦略コンサルタントグループ」の枠内で定期的なコンタクトを維持することで合意しことを明らかにした。

    タグ
    ミサイル, 武器・兵器, 北朝鮮, 韓国
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント