01:04 2018年09月26日
ブシェール原子力発電所

ロシアメディア「米 核合意からのイラン脱退を模索」

© AP Photo / IIPA,Ebrahim Norouzi
政治
短縮 URL
1010

米トランプ政権が、米国自らがイランとの核合意から離脱して欧州諸国の不満を招かないよう、イランを核合意からの一方的脱退に追い込むことを模索している。ロシアの複数のメディアが外交専門家らの話として伝えている。

スプートニク日本

中近東地域に関する専門家、ウラジーミル・エフセーエフ氏は「米国は、イランが自ら核合意から脱退するよう仕向けようとしている。米国自身が合意から離脱すれば、合意成立に取り組んだ欧州諸国に大きな政治的困惑を抱かせることになる」と述べている。

エフセーエフ氏によれば「米国以外の国はすべて、核合意を最後まで履行しようと考えており、この合意を完全に消滅させる理由を見出してはいない」。

ロシア連邦会議(上院)国際関係委員会のウラジーミル・ジャバロフ第一副委員長は、米国がそのように行動している理由を「経済的競争相手を排除するため」とし、以下のように述べている。

「米国はイランを天然ガスの輸出市場における深刻な競争相手とみている。イランは天然ガスの埋蔵量が世界で最も大きい国の一つだ。米国は自国産の価格の高い液化ガスを世界中に輸出しようとしているため、新たなプレーヤーの出現は不利となるのだ。だから米国はこれからも、いかなる代償を払ってもイランを制裁下に置こうとし続けるだろう」。

関連記事
トランプ大統領 アラブ諸国に「イランの脅威を前に結束せよ」
露大統領、北朝鮮やイランと同等の制裁国扱いを「ナンセンス」

タグ
ドナルド・トランプ, イラン, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント