23:33 2018年12月13日
アサンジ氏

アサンジ氏、ツイッターを痛烈批判 代替サービスを模索中と発表

© AP Photo / Lefteris Pitarakis
政治
短縮 URL
1180

内部告発サイト「ウィキリークス」の創設者ジュリアン・アサンジ氏は、意見表明の自由の制限を受けてツイッターの代わりとなるサービスを探しているとツイートした。

スプートニク日本

「分散/暗号化したツイッターの代替物を探している。ツイッターの表現の自由は止められない下降状態にある。米国の司法権と政治の奴隷となっている。とはいえ、本当に低い基準にあるフェイスブックよりは格段にましだが。」

6日これに先立ち、アサンジ氏はツイッターに、投稿された全ての画像を検閲するのか質問した。ユーザーは画像の代わりに、不適切な内容を含む可能性のあるメディアファイルという警告を目にする。

ツイッターのポリシーは、投稿者自身が「不適切な内容を含むもの」と設定でき、別のユーザーはそれを考慮できる。ツイッターは投稿が適切な設定を持つよう、アカウントの設定を会社側から変更する権利を有している。こうした場合、ユーザーには報告のメールが届く。

関連ニュース

アサンジ氏、人権侵害でスペインをEUから除外するよう提言【写真】

ロシアのザッカーバーグ アップルとグーグルに独自の国家樹立を提案

タグ
ツイッター, SNS, テクノ, ハッカー, インターネット, ジュリアン・アサンジ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント