12:01 2021年01月19日
政治
短縮 URL
108
でフォローする

韓国軍当局は、朝鮮半島で有事が発生した場合に備え、『停電爆弾』を開発するための技術を確保した。同爆弾は、「北朝鮮の発電所上空で爆発させ電力供給網を無力化する」。8日、聯合ニュースが軍高官筋の話として報じた。

スプートニク日本

聯合ニュースによると、韓国軍は有事の際に大型発電所上空で爆弾を爆発させれば、北朝鮮全域に7000以上あるとされる地下軍事基地の多くが機能をストップすると分析している。

「停電爆弾」は、それを空中で爆発させることによって放出されたニッケルを含む炭素繊維が送電線にかかり、電線をショートさせて停電を起こす仕組み。

停電は最長12時間、またはそれ以上続くという。

軍高官筋によると爆弾はいつでも開発できる状況にあり、軍は開発予算の確保に尽力する方針。聯合ニュースが報じた。

関連ニュース

「全ての爆弾の父」 イランも開発

ロシア、敵兵器を故障させる電磁波爆弾を開発中

タグ
武器・兵器, ミサイル, 北朝鮮, 韓国
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント