17:26 2018年06月23日
ハッカー

ワナクライの背後には北朝鮮=マイクロソフト社長

© Sputnik / Alexey Malgavko
政治
短縮 URL
347

マイクロソフトのブラッド・スミス社長は、身代金要求型ウイルス(ランサムウェア)ワナクライを用いた大規模サイバー攻撃に北朝鮮が関与しているとの見方を示した。今年行われたサイバー攻撃により20万台以上のコンピューターが感染した。ITVテレビが報じた。

スプートニク日本

同テレビ局によると、スミス氏は「かなりの確信を持っ」て、北朝鮮が攻撃の背後にいると見ている。

「現段階で私は、これに詳しいオブザーバーは全員、ワナクライの原因が米国家安全保障局(NSA)から盗んだサイバーアイテムないし兵器を用いた北朝鮮だったと結論づけていると考えている。」

スミス氏はまた、この半年で個々の国家が行うサイバー攻撃はより頻繁で深刻なものになったと指摘した。

これより前、身代金(ランサム)要求型マルウェア「ワナクライ」につき、一部の国では朝鮮民主主義人民共和国の犯行としているものの、米国家安全保障局(NSA)のバーンズ副長官は「(北朝鮮の責任を)特定するのはとても難しい」とし、「我々NSAとしては断定しない」と述べた。

関連ニュース

「WannaCry」ウイルス攻撃の裏には誰がいる?北朝鮮関与説に対する3つの反論

北朝鮮のハッカー 米軍の機密文書窃取か

英情報機関の前長官、北朝鮮によるサイバー攻撃の可能性を警告

タグ
ハッカー, コンピュータウイルス, インターネット, NSA, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント