00:36 2018年07月22日
クセーニヤ・サプチャク氏

女性司会者、大統領選出馬も政策なし

© Sputnik / Evgenya Novozhenina
政治
短縮 URL
115

ロシアの女性テレビ司会者でジャーナリストのクセーニヤ・サプチャク氏は18日、来年3月の大統領選出馬を表明したが、政策がないと認めた。

スプートニク日本

英紙ガーディアンのインタビューを受けたサプチャク氏は、選出の可能性が高くないことも認め、次のように述べた。

「私には政治における重みがなく、何らかの政綱を立ち上げたり、候補者として立つ権利を得ていません。」

サプチャク氏によると、自身への投票は、現政権の政治秩序に不満を持っている人にだけ興味深い。

サプチャク氏が以前述べたところ、彼女の出馬を支持するのは、投票用紙に「全員に反対」の欄があればまさにその欄を選ぶロシア人だとして、テレビ局「ドーシチ」で次のように指摘した。

「国内で起きていることに同意しない人全てを代表したいと思います。あなたには、個人的に私の価値観を共有する必要もなく、個人的にクセーニヤ・サプチャクを好きである必要もありません。今日、私たちの投票用紙には『全員に反対』欄がありません。(しかし)その欄は私の見解では、非常に多くの人々が主張し求めていることの反映です。」

関連ニュース

露大統領選、プーチンのライバルになるのは女性?=メディア情報

露大統領府報道官 サプチャク氏出馬は「クレムリンが準備」の噂を否定

タグ
選挙, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント