23:26 2018年09月24日
ウクライナ軍

ウクライナ ロシアとの断交検討

© AP Photo / Evgeniy Maloletka
政治
短縮 URL
ウクライナ危機 (343)
0 110

ウクライナのある国会議員が提案している、ドンバス地方(同国南部・東部)の再統合についての法律改正が実現したのち、ウクライナがロシアとの外交関係を断絶する可能性があると、ロシアの有力紙「コメルサント」が報じた。

スプートニク日本

ドンバス地方についてウクライナ政府は、「一時的に占領されている領土」であるとの見解を示している。「ドンバス地方の再統合についての法」の改正案は、この見解を立法府レベルでも確定することを提案し、ロシアを「侵略国」として記載している。一方、ロシア政府は国際的な場で、「ロシアはウクライナ政府とドンバス地方の間の紛争の当事者ではない」と繰り返し強調している。それにもかかわらず、与党「ペトロ・ポロシェンコ・ブロック」のイワン・ヴィンニク議員は、「立法府レベルでの」ロシアとの外交関係断絶は不可欠である、なぜなら事実上その外交関係は既に存在しないからだ、としている。仮に、この法律がウクライナ最高会議(国会)議員の多数派により承認され発効すれば、ウクライナにあるロシアの在外公館と、ロシアにあるウクライナの在外公館が公式に閉鎖される。

政治学者で政治情報センター所長を務めるアレクセイ・ムーヒン氏は、ドンバス地方の再統合についての法律が成立すれば、ウクライナはミンスク合意を順守しない道を歩み続けることになり、フランスやドイツを含む、同合意に署名した国々に対し、敬意を表さない態度を示すことになるとしている。

 

トピック
ウクライナ危機 (343)
タグ
ロシア, ウクライナ
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント