21:30 2018年11月19日
セヴァストポリ

ウクライナ外務省、プーチン大統領のクリミア訪問でロシアに抗議

© Sputnik / Sergey Malgavko
政治
短縮 URL
1312

ウクライナ外務省は、ロシアのプーチン大統領が11月18日にクリミアを訪問したのを受け、ロシアに抗議した。20日にウクライナ外務省のホームページに掲載された公式声明の中で述べられている。

スプートニク日本

ウクライナ軍
© AP Photo / Evgeniy Maloletka
声明によると、ウクライナ側はプーチン大統領のクリミア訪問を「ロシアによるウクライナの主権及び領土の一体性への重大な侵害」だと考えている。

ウクライナ外務省は、クリミアとセヴァストーポリは「国際的に認められた国境における」ウクライナの不可分の部分であると再び強調した。

クリミアは、2014年3月に行われた住民投票後にロシアの地域となった。住民投票ではクリミア共和国の有権者96.77%とセヴァストーポリの住民95.6%がロシアへの編入に賛成票を投じた。

関連ニュース

ウクライナ、軍用品輸出に関するロシアとの協定を破棄

タグ
ウクライナ, ロシア, クリミア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント