14:58 2017年12月14日
東京+ 9°C
モスクワ+ 0°C
    シリア国民対話会議招集

    プーチン大統領 シリアでの大規模な軍事行動は終わりつつある

    © Sputnik/ Russian Presidential Press Office/Mikhail Metzel/POOL
    政治
    短縮 URL
    0 221

    シリアでのテロリストに対する大規模な軍事行動は終わりつつあり、シリアの崩壊を防ぐことに成功した。ロシアのプーチン大統領が、ソチで行われたトルコのエルドアン大統領とイランのロウハニ大統領との会談で述べた。

    スプートニク日本

    プーチン大統領は、ロシア、トルコ、イラン首脳の3者会談で「シリアでのテロ組織に対する大規模な軍事行動は終わりつつある。ロシア、イラン、トルコの尽力によりシリアの崩壊を防ぐこと、シリアが国際テロ組織に奪われるのを防止すること、人道的大惨事を逃れることに成功した点を指摘する」と述べた。

    またプーチン大統領は「シリア国民は自分たちの未来を自ら決定し、国家機構の原則に同意しなければならない。改革プロセスが容易でないことは明らかだ… 我々が支持しているここソチでのシリア国民対話会議招集のイニシアチブは、まさにそれを目的としている」と語った。

    関連ニュース

    シリアでの対テロ作戦へのロシア参戦2周年 何が達成できたのか?

    タグ
    イラン, トルコ, シリア, ロシア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント