14:07 2019年12月10日
モルグロフ次官

米MDシステムの日本展開は露日平和条約の展望に悪影響=露外務省

© Sputnik / Valeriy Melnikov
政治
短縮 URL
278
でフォローする

日本に米国の地上配備型の迎撃ミサイルシステム「イージス・アショア」を展開すれば、露日関係に悪影響を及ぼし、この要因は日本政府との作業において考慮される。

スプートニク日本

ロシア外務省のイーゴリ・モルグロフ次官は露メディアに「『イージスアショア』取得に関する日本政府の決定は概して言えば、露日関係の雰囲気に悪影響を及ぼし、それに応じて、平和条約締結作業にも悪影響を及ぼすと考えている」と述べた。

日本政府は19日の閣議で、朝鮮民主主義人民共和国による弾道ミサイル防衛を強化するため、陸上配備型の迎撃システム「イージス・アショア」2基を導入すると決定した。

モルグロフ氏は「我々にとって、このシステムが最終的には米MDシステムのアジア部門と統合されることが明らかなためだ」と指摘した。

モルグロフ氏は「我々はグローバルミサイル防衛のこの部門が誰に対して向けられたものか理解しており、これを我々の作業において考慮せずにはいられない」と強調した。

関連ニュース

露軍参謀総長:露日間で防衛連携を拡大していく用意がある

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 露日関係, 軍事, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント