22:25 2018年10月22日
TOS-1「ブラチーノ」

シリアでロシアが使った一番怖い兵器 独紙報道

© Sputnik / Evgeny Biyatov
政治
短縮 URL
1163

独シュテルン紙はシリアで使用された最も恐ろしいロシア製兵器としてTOS-1「ブラチーノ」を紹介する記事を掲載した。

スプートニク日本

「ロケット砲TOS-1はシリアでプーチンが使った最も恐ろしい兵器。この火炎放射で敵の地下防空壕や城塞も消滅してしまう。」

その特徴は、30本の砲身からサーモバリック爆弾の連装発射ができるシステムにある。

これらの爆弾が集中して1つの標的に当たった場合、どんな地下壕に隠れていても生き延びることは不可能。

シュテルン紙は、現在、派生型のTOS-2が開発されていることを明らかにした上で、TOS-1は政府軍がこれを用いたシリアは例外とし、他の諸国には存在していないと指摘している。

関連ニュース

超音速ミサイル搭載のロシア巡洋艦 米空母にチャンスはなし 露軍事評論家

死をもたらす9グラム 最も殺傷力のある銃弾【写真】

タグ
軍事, シリア, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント