08:16 2018年12月17日
文大統領

文大統領、南北首脳会談に慎重策 米国に配慮か

© REUTERS / Seo Myeong-gon /Yonhap
政治
短縮 URL
128

韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は17日、南北首脳会談の検討に慎重な立場をとった。CNNが報じた。

スプートニク日本

平昌五輪出席のため韓国を訪れた北朝鮮の高官代表団は文氏に、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長からの会談招待を伝えた。文氏は会談実施のため「適切な環境」が必要だと答えた。

17日に記者団から首脳会談について質問を受けた文氏は、慎重な態度を示した。

米国は南北の急速な接近に神経質になっており、首脳会談は関係改善にプラスになるが、米国との関係悪化が懸念される。

一方で、南北関係が発展することで関係改善につながると期待を寄せた。そうした関係改善が最終的に北朝鮮の非核化へつながるとの期待を示した。

文氏はまた、北朝鮮の五輪参加を高く評価。南北合同チームの意義を強調した。

関連記事

韓国 文大統領の訪北の可能性の枠内で北朝鮮に軍事協議を提案 駐露韓国大使

朝鮮半島の「雪解け」。どのくらいもつ?

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 金正恩, 文在寅, 韓国, 北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント