20:04 2018年10月22日
北朝鮮(アーカイブ)

米、北朝鮮ミサイル開発の前進を把握

© REUTERS / KCNA
政治
短縮 URL
111

米情報機関が、ミサイル・核計画で朝鮮民主主義人民共和国(北朝鮮)が達成した前進を証明する情報を入手したと、報告に詳しい筋の話として米CNNテレビが伝えている。

スプートニク日本

同テレビによると、既に北朝鮮の開発担当者らは弾道ミサイルの飛行制御を改善することに成功し、これによって特定の目標に対する攻撃をより正確に行うことができるようになるという。さらに米国は、北朝鮮政府がミサイルのエンジンと移動式発射台の改良に取り組んできたと考えている。計画における前進の一部は、平昌(ピョンチャン)五輪期間中の国際関係が比較的緩和していた時期に達成されたとも指摘されている。

この筋は、ミサイルの弾頭が地球の大気圏に再突入する際の技術的課題を、北朝鮮は依然として解決しなければならないと強調した。またCNNは、これまでのような個別の発射実験の他に、北朝鮮がミサイルの大規模生産に移行できるのか不明のままだとも強調している。

関連ニュース

タグ
ミサイル, 軍事, 戦争・紛争・対立・外交, 核問題, 北朝鮮, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント