14:50 2018年09月26日
オーストリアのクルツ外相

オーストリア、露外交官追放拒否について説明

© Sputnik / Valeriy Melnikov
政治
短縮 URL
4230

オーストリア政府がロシア外交官の追放を拒否したのは、ロシアとの良い関係を伝統的に維持しているからだと、オーストリアのクルツ首相がテレビ局「Puls 4」の放送で述べた。

スプートニク日本

クルツ首相は、「EU(欧州連合)諸国の3分の1がロシアの外交官を追放しようとせず、我々もその中にいた。私は外相とともに、これを行わないとの決定を承認した。その理由は、我々がロシアとの良い関係を伝統的に維持し、中立国であり、国連やOSCE(欧州安全保障協力機構)のような多くの国際機関の本部を提供しているからだ」と述べた。

クルツ首相は、オーストリアがEUのメンバー国として他の加盟国とともに、モスクワから協議のためブリュッセルにEU大使を召還することを支持したと指摘、「我々はこれにEUとして従った。なぜなら、これはEUの方針だからだ」と付け加えた。

オーストリアのクナイスル外相は先に、ロシア外交官の追放拒否について「橋を焼く」ことはしたくないからだと説明していた

3月末、EU16カ国や米国、カナダ、ノルウェー、ウクライナなどの一連の国々は、今年3月4日のソールズベリーでの事件に関連してロシアの外交官を追放するとの決定を承認した。事件では、ロシア軍参謀本部情報総局(GRU)の元大佐で、英情報機関のため働いていたセルゲイ・スクリパリ氏と娘のユリアさんが毒を盛られた。

コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント