23:04 2018年05月24日
東京+ 20°C
モスクワ+ 23°C
    「ドナルド・クック」

    米駆逐艦2隻がシリアの方角へ

    © 写真: Public Domain/ U.S. Navy photo
    政治
    短縮 URL
    1219

    ウォールストリートジャーナル紙は米国防総省内の消息筋からの情報として、米国の2隻目の駆逐艦が数日内に地中海に到着する可能性があると報じた。

    スプートニク日本

    WSJ紙の消息筋は「米国はミサイル駆逐艦USS「ドナルド・クック」をすでに地中海東部に配備しており、そこからいつ何時もシリアに向けた攻撃が可能だ。(中略) 2隻めのUSSポーターもその場所に数日以内に到着できる」と語っている。

    9日、米国の政治雑誌「ワシントン・エグザメナー」は米国防総省内の消息筋からの情報として、駆逐艦USS「ドナルド・クック」が巡航ミサイル「トマホーク」60基を搭載し、キプロスの港を出帆し、シリアの方角へ向かったと報じていた。

    トランプ大統領は、シリアの東グータ地区で行われた化学兵器による攻撃はシリア政府によるものと決めつけ、ロシア、イランがシリアのアサド大統領を支援しているとして、これを非難し、2日以内に報復行動の決定をとるとする声明を表している。

    シリアでは2011年3月から武力紛争が続いている。

    2014年以降、米国主導の66カ国連合がイラクとシリアで対ダーイシュ作戦を行っている。シリアでの作戦は当局の許可なしに行われている。

    関連ニュース

    世界は完全武装で2018年春を迎える

    米、領土紛争の公正な仲裁人としてアジア太平洋を武装

    タグ
    武器・兵器, アメリカ軍, 米国, シリア
    コメント・ガイドディスカッション
    Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
    • コメント