07:47 2018年06月21日
トランプ氏:2017年の米国によるシリア攻撃は中国への警告となった

トランプ氏:2017年の米国によるシリア攻撃は中国への警告となった

© REUTERS / Al Drago
政治
短縮 URL
238

米国による2017年4月のシリアへのミサイル攻撃は、化学兵器や大量破壊兵器の使用に対して米国がどのように対応するかについて中国への警告となった。トランプ米大統領が12日、Foxニュースのインタビューで語った。

スプートニク日本

トランプ氏は、時期的にミサイル攻撃が米フロリダ州にある別荘「マール・ア・ラーゴ」で行われた中国の習国家主席との会談と重なったことに言及し、「私は、国家主席、我々はシリアの特定の施設に対して58発のミサイルを発射したところだと彼に言った。彼は通訳を通して、私が言ったことを繰り返すよう頼んだ。私は、発射された各ミサイルが700マイル先の標的を破壊したと繰り返した」と語った。なおトランプ政権はこれほど致命的で危険な武器の使用には原則的に反対であると指摘した。

最後にトランプ大統領は「私は習近平国家主席に、あなたは会談を退出することもできるし、あるいは我々は親しくなることもできると述べた。彼は退出せず、すべてを理解した」と語った。

米国は、シリア・イドリブ県の化学兵器攻撃が行われた場所だと証拠なしに主張して、シリア時間4月7日、地中海に展開していた駆逐艦からホムス県にあるシャイラット空軍基地に巡航ミサイルで攻撃した

タグ
ドナルド・トランプ, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント