18:10 2018年12月14日
ホワイトハウス(アーカイブ写真)

ホワイトハウス、グーグルとフェイスブックの調査の意向=ブルームバーグ

CC0 / Pixabay
政治
短縮 URL
183

ホワイトハウスは、連邦反トラスト当局と法執行機関に、グーグルやフェイスブックなどテクノロジー会社を調査するよう命じる大統領令の草案を起草した。ブルームバーグが草案を入手して報じた。

スプートニク日本

大統領令は省庁に、「何らかのオンラインプラットフォームが反トラスト法を違反したか否かを綿密に調査する」よう命じる。また、省庁はオンラインプラットフォーム間の競争を保護し、偏向したアプローチを排除することを目的とした措置を提案しなければならない。

ブルームバーグによると、具体的な企業名は明記されていない。だが、トランプ米大統領は一度ならず、グーグルやソーシャルネットワークが偏向的だと批判している。

トランプ氏はまた、ソーシャルネットワークが米大統領選でヒラリー・クリントン氏を支持したとの批判も繰り広げている。

関連ニュース

WSJ紙「グーグル社員ら、トランプ大統領の移民政策妨害を企図」

フェイスブックが写真と動画の信憑性向上に取り組む

タグ
facebook, Google, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント