08:42 2019年09月21日
ハバロフスク空港(アーカイブ写真)

ハバロフスク新空港の建設に日本企業が参加

© 写真: Dmitrij Fironov
政治
短縮 URL
0 60
でフォローする

ハバロフスク国際空港の新たな空港ターミナルビルの建設とその使用に日本企業のコンソーシアムが参加する。東京でハバロフスク空港株式会社と日本の双日株式会社の間で合意が締結された。

スプートニク日本

合意の調印式は第14回露日政府間貿易経済問題委員会の会議の枠内でロシアのオレシキンン経済発展相と日本の世耕経済産業相の出席する中、執り行われた。

プロジェクトは2段階方式で行われる。国内線用の新空港ターミナルビルを建て、そのオペレーションを開始した後、2020年から2023年に開始される見込みの2段階目では、国際空港の方の空港ターミナルの建設と共同運営が行われるものと期待されている。

関連ニュース

第1回ロシアフェス in 代々木公園 日本人の感想は?【写真】

露日の平和条約締結交渉に影響する新たな要素 日本人軍事専門家の見解

タグ
テクノ, 露日関係, 日本, ロシア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント