09:45 2019年08月19日
ミサイル「アグニ」

印、核弾頭を運搬可能なミサイル「アグニ4」の実験を実施

© AP Photo / Ajit Kumar
政治
短縮 URL
0 51

インドが23日、核兵器を運搬することが可能な弾道ミサイル「アグニ4」の新たな実験を成功させたと、スプートニクが入手した同国の防衛研究開発機関(DRDO)による発表文で述べられている。

スプートニク日本

「アグニ4」の実験は今回で既に7回目となると、DRDOでは指摘している。

インド軍には今日、「アグニ」シリーズの4つの型のミサイルが配備されている。このうち、「アグニ1」は射程距離が700キロ、「アグニ2」は同2千キロ、「アグニ3」と「アグニ4」は同2500~3500キロ。射程距離が5千キロを超える「アグニ5」は、現在行われている複数の実験の後に配備されるとみられている。そのほか、最大射程距離が1万キロで潜水艦から発射可能なミサイル「アグニ6」も現在、開発が行われている。

関連ニュース

インド、弾道ミサイル「アグニ5」の実験に成功

タグ
軍事, 武器・兵器, インド
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント