17:27 2019年08月26日
米国 国連の人権問題調査への協力を凍結

米国 国連の人権問題調査への協力を凍結

© 写真: UN Photo / Jean-Marc Ferré
政治
短縮 URL
0 51

米国務省は、国連からの要請で米国内での人権侵害の疑いを調査する専門家らの照会に対し、回答を停止した。ガーディアン紙が国連代表らの発言を引用して報じた。

スプートニク日本

ガーディアン紙によれば、トランプ政権は2018年5月7日以来、外部専門家からの13件の公式的な照会に対し、一度も回答を行っていない。この他、トランプ政権発足以来、国連の専門家がミッション内で米国を訪れるための招待状を延長していない。

ガーディアン紙によれば、こうした一連の照会はメキシコとの国境における中央アメリカからの移民7人の分離状況に関するもの。

米国務省は声明で国連の照会への回答拒否の理由説明を退け、こうした姿勢を長期的にとる構えであるかについても明確にしていない。

2018年6月半ば、米国は国連人権理事会からの脱退を表明した。米国のメンバー資格は2019年12月31日に期限切れとなる。

関連ニュース

トランプ大統領 メキシコ国境の壁は「美しい」「芸術的デザイン」のものに

ホワイトハウス メキシコ国境での移民排除は「プロ」

タグ
国連, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント