11:18 2019年11月12日
米軍、日本に最新の大型強襲揚陸艦配備を検討

米軍、日本に最新の大型強襲揚陸艦配備を検討

© 写真: Public domain/U.S. Navy /Lawrence Grove
政治
短縮 URL
165
でフォローする

米軍は、長崎県にある米海軍佐世保基地に、最新の大型強襲揚陸艦「アメリカ」を配備することを検討している。「アメリカ」は、戦闘機F-35B、垂直離着陸輸送機オスプレイ、攻撃ヘリコプターなどを搭載し、最大1700人の海兵隊員を輸送する能力を持つ。5日、ジャパン・ニューズ紙が、消息筋の情報をもとに報じた。

スプートニク日本

同紙によると、「アメリカ」は佐世保基地に配備されている強襲揚陸艦「ワスプ」の後継となる。「ワスプ」は検査や整備のために米国へ戻る予定。

ジャパン・ニューズ紙は、排水量4万4000トン、全長およそ260メートルで軽空母の特徴を持つ「アメリカ」は、極東の海域における米海軍の戦力を強化し、中国に対する軍事的圧力を高めることを目的としているとの見方を示している。

タグ
武器・兵器, アメリカ軍, 日本, 米国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント