16:51 2019年03月23日
英国のテリーザ・メイ首相

メイ首相、EU離脱延期の可能性を議会に提案

© AFP 2018 / Samuel Kubani
政治
短縮 URL
106

英国のメイ首相が議会に対し、同国が欧州連合(EU)に留まる期間を延長するチャンスを与えた。今後、より受け入れ可能な離脱条件に関して合意するためだ。

スプートニク日本

メイ首相による提案は、議会が首相によるEU側との合意を承認しなかった場合、英国が3月29日にEUを離脱する際の手続きを定めたリスボン条約第50条の効力延長を可能にする。

メイ首相は2018年末、離脱条件についてEUとの合意を取りつけたが、英議会は2019年1月、これらの条件を拒否。首相は新たな交渉を国内で、そして欧州委員会とも開始し、今回、これまでの自らの行動に続く次の段階について議会に提案する。EU離脱計画に関する新たな「本格的投票」を3月12日に実施し、同計画が拒否された場合には、EUとの合意を欠いた「ハードブレグジット」に関する投票を同13日に実施し、「ハードブレグジット」も拒否された場合には、同条約第50条の効力延長に関する投票を同14日に行う。

EU内に留まる27カ国に離脱延期を承認させるため、メイ首相はこれら27カ国に対し正式に依頼しなければならなくなる。先に、EU指導機関の代表者らは、そのような措置の用意があると示唆している。

メイ首相は、離脱延期が6月30日よりも先まで行われることはないとして、EUとの合意がないままの離脱に終わる可能性もあると述べている。

関連ニュース

前英外相の妹、生放送でセミヌードに ブレグジットで【動画】

メイ「首相はゾンビリーダー」 EU離脱協定案否決で英メディアが痛烈批判

タグ
欧州連合, テリーザ・メイ, 欧州, 英国
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント