06:35 2019年12月14日
イエメン、サウジアラビアによる空爆の後

イエメンのフーシ派 攻撃の相互停止をサウジに要請

© REUTERS / Khaled Abdullah
政治
短縮 URL
142
でフォローする

イエメンの反政府武装組織フーシ派は20日夜、サウジアラビアへの攻撃を全面的に停止する意向を表明した。同国で続く内戦の終結を目指した措置としている。AFP通信が報じた。

フーシ派の最高政治評議会のメフディ・マシャト議長は、2014年の首都サナアの掌握を記念する演説で「サウジアラビアの領土に対するすべての攻撃の停止」を表明した。

フーシ派傘下のテレビ局アルマシラによると、同議長はサウジ側がこの措置に対して「より強固な措置で応じる」ことを望んでいると述べた。


今月14日、サウジアラビア東部にある同国の石油会社の施設が無人機10機による攻撃を受けた。世界最大規模の石油施設が攻撃を受け、13カ所で火災が発生した。サウジアラビアは攻撃はイランが行ったと断定したが、イランは関与を否定している。

最大の輸出大国であり、3大産油国の1つであるサウジアラビアは、同国の原油施設への攻撃の後、2分の1以上となる生産削減を行うことを表明。サウジアラビア主導のアラブ連合と戦うイエメンの反政府勢力「フーシ派」は、自分たちが無人機による攻撃を行ったと発表したものの、 サウジアラビアはイランによる攻撃説を曲げていない。また、米国のマイク・ポンペオ国務長官は、イエメンの攻撃を証明するものはなにもないことを明らかにし、イランを非難した。

関連ニュース

サウジ石油施設攻撃は「戦争行為」=米国務長官

タグ
戦争・紛争・対立・外交, 米国, イエメン, サウジアラビア
コメント・ガイドディスカッション
Facebook経由でコメントスプートニク経由でコメント
  • コメント