01:58 2020年02月24日
政治
短縮 URL
0 62
でフォローする

北朝鮮の朝鮮労働党機関紙「労働新聞」は3日、北朝鮮の尊厳と生存機能に脅威が生じた場合、即時的かつ強力な打撃で対応するべきだとする内容の記事を掲載した。

記事では「尊厳を傷つけたり、我が共和国の存続を脅威にさらす行為には、即時的かつ強烈な打撃で対応するべきである」と述べられている。

労働新聞は、国の安全を経済制裁解除の見通しと交換することは健全な思考に反し、共和国の住民は「敵対勢力によって導入された制裁の下での生活を続ける」ことになると指摘している。

2日、エスパー米国防長官は、北朝鮮が軍事行動の開始を決定した場合、米軍は北朝鮮の行動を抑止する準備ができていると述べた。

1日、北朝鮮の金正恩挑戦労働党委員長は、12月末に4日間にわたって開かれた朝鮮労働党中央委員会総会の結果に関する報告書を発表した。報告書では、米国が制裁解除などの措置を講じるまで、北朝鮮は戦略兵器の開発を続け、核実験の禁止を北朝鮮のみが順守するようなことはしないと述べられている。

関連ニュース

タグ
北朝鮮
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント