07:25 2020年09月20日
政治
短縮 URL
0 06
でフォローする

イスラエル空軍の戦闘機がパレスチナ・ガザ地区北部に空爆を行い、イスラム原理主義組織「ハマース」の拠点を破壊した。イスラエル国防軍のプレスリリースで明らかになった。

現地時間で6日午後、イスラエル警察は国内南部のアラド市で爆発物資を搭載した気球を確認した。気球はパレスチナのガザ地区から放たれたものと見られている。警察の射撃部隊が気球を空中で破壊したことから被害者はいない。

イスラエル軍側は報復としてイスラム原理主義組織「ハマース」がガザ地区に置く施設に空爆を実施した。

​関連ニュース

タグ
戦争・紛争・対立・外交, イスラエル
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント