09:18 2020年09月26日
政治
短縮 URL
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (22)
0 55
でフォローする

ロシアの医師らは野党指導者アレクセイ・ナワリヌイ氏の検体を総体的に分析したものの、検体からはいかなる有害物質の痕跡も検出されなかった。ドミトリー・ペスコフ露大統領報道官が記者会見で明らかにした。

記者会見でペスコフ報道官は、「ベルリンに患者を移送するまでの間に、あらゆる国際的基準に準拠した形で総合的な分析が国内で実施されたが、いかなる有害物質も検出されなかった」と強調した。

先にドイツの医師らは、軍事目的で開発された神経剤「ノビチョク」によってナワリヌイ氏の毒殺が図られたと発表していた。

これに対しペスコフ報道官は、「ノビチョク」系の毒物によって同氏の毒殺が図られたという情報は得ていないと表明した。

アレクセイ・ナワリヌイ氏に何が起こったのか

野党党首のナワリヌイ氏は8月20日にトムスク(西シベリア)からモスクワに向かう途中の飛行機内で体調が悪化。飛行機はオムスク市に緊急着陸し、同氏は病院に搬送された。その後直ちに人工的昏睡状態に置かれ、現在もその状態が続いている。当初44時間はオムスク市の病院で処置が施され、体調悪化から2日後にドイツ「シャリテ」病院に移送された。独の医師らはナワリヌイ氏の体調悪化の原因はアセチルコリンエステラーゼ阻害剤によるものと断定。一方、オムスクの医師らは中毒について言及していない。ナワリヌイ氏陣営は、同氏の社会的活動を理由にロシア当局が殺害を試みたと非難している。

トピック
ロシアの野党活動家ナワリヌイ氏の状況 (22)
コメント・ガイドディスカッション
スプートニク経由でコメントFacebook経由でコメント
  • コメント